2012年6月21日 (木)

試練の年のステージ

お誕生日にメッセージを戴いた方々には、今年が私にとって、試練の年になるということを申し上げていた。
試練の年ということは、予め解っていたが、どんな感じで進んでいるか、これから進むのか(汗、とりあえず、ステージの明細を作ってみた。
とりあえず、現在ステージ6から、7へ移動中(笑)

ステージ0 モルハラ課長(後でわかった・爆)の「え?」な発言
        与えられた仕事に対し、「やりたくない、めんどくさいから」     

ステージ1 モルハラ課長の「はぃ?」な発言
        「僕を尊敬しなさい」

ステージ2 始まったパワハラ!<ピボットテーブル事件

ステージ3 モルハラ事件 

ステージ4 なんじゃそりゃ?のスローガン事件

ステージ5 挙句の妖怪部長/人事担当のリストラ宣告

ステージ6 退職(ぷー太郎生活)

ステージ7 学校入学&授業(しばらく学生に戻ります~(笑))
       純然たるぷーじゃないじゃん?(汗

ステージ8 資格試験

ステージ9 そして試練の年は続く(苦笑 

ご報告!2

昨日付で、会社を辞めましたsign03

本当に、すっきりした気分。
≪過去に「夢」はない≫という言葉を胸に、前を向いて歩いていきます。

お友達の皆様方、よろしくお願いしますheart04

2012年6月15日 (金)

ご報告!

季節も巡り、いろいろ状況が変化してきたのでご報告!

結論!

2012年6月20日(水)付で、会社を辞めることにした。
モルハラ、パワハラの結果、リストラ(苦笑
涙も出ませんわなぁ。

未練も何にもない。むしろ、あほ面見なくてよくなる分せいせいだ。
もちろん、良くしてくれた、先輩方や、友人たちと離れるのは、ちょっとさびしい。
が、それよりも何よりも、自分の人生である。
もっと、幸せに、また、有意義に生きたい、という決断をした。

これからは、しばらく休んで、また働こうと思う。
いろんな意味で、リセットしたいのだ。

色々な計画や、思惑はあるが、まだ目鼻立ちがついていないので、
またおいおい、書き込むかもしれない。

あと、1日と半分、嫌な思いをしないといけない(溜め息
ガンバレ!>ワタクシ

有能な部下は、ささっと!(苦笑

2~3日で、2つの大きなデータのフィッシュボーンを作るように指示された結果、
またまた、さくっと仕上げてやった(苦笑

モルハラ課長が気が付かない分析まで、付け加えてやった。

本当に、私ってば優秀(嘘爆

2012年5月31日 (木)

そして、今度は、フィッシュボーン!

フィッシュボーンとは何か?
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080329/151639/

フィッシュボーンとは、所謂分析ツールなのだが、いきなり作れと言われてもできるものではない。
当事者が問題点を明確化するものなので、第三者がグラフを作るようなものではないのだ。
そもそも、そのような教育も受けていないのに、作れという方が問題だと思うのだが。

まあ、仕事なので、ちゃんとやることはやったが、完成させるまでの、口うるさいこと。
あんたは、姑婆か!と言いたくなるほど、口汚く罵られる(ーー;)
そんなに言うなら自分でやれば?と言いたくなる程だ。

そして、第一ロットが終わったら、今度は第二ロット(苦笑
データ抽出して、フィッシュボーンを作れというから、作業に取り掛かったら、
暫くして、「抽出済みのこのデータを使え」と言ってきた。
「もう、作業入ったので無理!」と拒否した。
非効率な作業させる上に、動き出したら止めに入るような管理者は、本当に要らないと思うのだが。

問題点:ピボットテーブル その後

元記事
http://hertbreak-singer.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-4ca7.html

私は、やりました!やって、やりましたとも!(どや顔)
結局、本を読み倒してやりました(苦笑

結果:最初に作った「物」ほとんど変わらない「物」ができましたとさ(苦笑
最初に作った作り方が、モラルレス課長の知らない(出来ない)方法だった為に
大騒ぎした形になってしまったのだ。
結局、モラルレス課長が、自分では「できる」といったことは、実は「出来ない」ということが判明。
つまり、自分の無能を隠そうと思ったのが、露見してしまった形。

私の使った方法の方が、効率よく資料を作成できるということが判明。
えらいぞ!<私(笑)

やっちまった、、、でも、、、のその後

元記事
http://hertbreak-singer.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-4138.html

あれから、正しいセミナーに申し込んで受講した。
内容に関しては、すでに知っていることばかり。(ーー;)

モラルレス課長に、受講した旨報告すると、
「良かったでしょ?感動したでしょ?」と、、、、
思わず、目が点になって、固まってしまった(苦笑

だって、企業のプレゼンで、知っていることを聞いて、感動できるか?(苦笑
思わず口から出たのは、「はぁ。」という生返事のみ(汗
宗教のように勧められても、同意できない。

たとえて言えば、「マイクロソフトのウィンドウズってすごいよね?」的な、
当たり前のことを言われているレベルなのだ。

とりあえず、妖怪部長、天然副部長とモラルレス課長宛て、報告書を書いておしまい。
どうせ、わが社には、このシステムを導入するお金も、体力も、知力もないのだから。

この件はおしまい。

2012年5月 6日 (日)

暫く、サボっていたブログ更新。

書こう書こうと思いつつ、こんな時期になってしまった。

まあ、書こうとすると辛い事の追体験になってしまうので、ついついサボりたいのはご理解戴けるだろうか。

明日から、また仕事が始まる。憂鬱だ。

気を強く持って、頑張ろうと思う。
自分の将来を見直す時に来ている。
どのような結論を出すにしても、後悔の無い様に気をしっかりと持ちたいと思う。

2012年3月10日 (土)

やっちまった、、、でも、、、

ある日社外のセミナー(3月2日(金))に行けとの直ボスからの指示。
申し込んで、参加したのは、違うセミナーだったという事件をやらかしてしまった。

セミナー受講後、報告書を出したら、違うセミナーに行ってどうするんだと、2日にわたり、ねちねちと嫌味(汗

ただし、そのセミナーは、某社システムの売り込みプレゼンなのだ。
それを純然たるセミナーというには、違和感があるのだが。

しかしながら、やっちまったことは仕方がない。繰り返し、詫びて解放された。
しっかり、再度申し込むように言われた。

問題点:中傷メール

それは、2012年2月28日(火)の朝、突然、私に降って湧いた様な出来事だった。
なぜ、火曜かというと、その前日の月曜には、私は年休で休んでいたためだ。

部内の誰かと、誰かがやり取りをしたメールのコピーが、私の机の上に置かれていた。

見るのも辛い内容で、根も葉もないことやら、ちょっとは関係あるかも?ということが
A4で、2枚。ただし、本来受発信で記載されるアドレスやらの部分は、切り取られていたので、実質A4が1枚。

朝一番に見つけて、読んで、我慢したが、夕方に耐えられなくなって、横ボスに
「こんなのが机に置かれていました」と申し出た。
横ボス「なんですか?」と言いながら見てくれたが「これは、ひどい!忘れてください」とのことだったので、一安心だったが、、、、、、

甘かったかも、、、
その内容に沿った嫌がらせ?が直ボスから始まったのだ。
まるで、中傷メールの一件に加担しているのではないか?と邪推できてしまうほどだ。

«問題点:ピボットテーブル