« 始まりは、数か月前、、、、3 | トップページ | 問題点:中傷メール »

2012年3月10日 (土)

問題点:ピボットテーブル

直ボスとの抗争の案件を書いていこうと思う。

EXCELでの集計で、ピボットテーブルという機能があるが、何故か直ボスはこれに固執する。

表+グラフでも十分なのだが、ピボットテーブルでの集計を要求。うちの会社のEXCELは、2003(苦笑)
本を読めという。本が渡されるわけでもなく、自腹でわかりやすい簡単なものを購入。
一応、内容を読んで、最低限の機能を使って、支持されたデータを使って、ピボットテーブル&グラフを作成してみる。
だが、基本的に、エクセルの基本機能+一般関数程度なら解るが、ピボットテーブルに関しては、ド素人なのだ。
時間をかけて、作ったが、直ボスは認めず。繰り返し本を読めという。

本を読めというなら、どのボタンを押して、どの操作をして、という具体的操作を言ってくれた方がよっぽど、時間の短縮にもなるし、理論的で、早く身に付くと思うのだが。
この、「本を読め」攻撃は、ずっと続くのだ。

どうしても、一定レベルを超えられないので、思い余ってMボスに相談した。
ピボットテーブルが指示通りにできないので、「IT関連の良く解った人に指導を受けたい」旨申し出た。
Mボスは、「他の機能で代用できるなら、そんな難しいことはしなくてもよいように言う」といったが、
直ボスは、「hertbreak-singerのステップアップのために、支持しています」と、言い放った。
Mボスは、「じゃあ、君はできるのだな?」
直ボス(ちょっと間があった(笑))「できます」
Mボスは、「じゃあ、教えてあげなさい」
そのあと、直ボスに呼び出されて言われたのは、「本を読め」(爆)
もちろん、その旨は、Mボスに報告済み。

その後も、延々、本を読め攻撃で、一切、ボタンを関係の指導はない。
そして、その話を、友人や、他部署の友人にしてみると、「できないんじゃないの?」という意見が圧倒的。
そんなこと考えもしなかったが、世間の見方ってそういうものなのだなぁと思った。

真面目に4月から、PCスクールでも通おうかと、検討中だが、それも自腹だ。
安給料なのに、どこにそんなお金があるのか!と言いたい。

一応、「どんな表を作れ」と言い出しているので、言われたものを作っているが、直ボスの希望通りになっているかは不明だ。

いつまで続くのだろうか?
また、ピボットテーブルが終わったら、今度はマクロとか言い出すに違いない。

この話題は、断続的に続ける、、、予定

« 始まりは、数か月前、、、、3 | トップページ | 問題点:中傷メール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 始まりは、数か月前、、、、3 | トップページ | 問題点:中傷メール »